包茎治療

無痛・綺麗な仕上がり

包茎手術は場所が場所だけに「痛い」というイメージがありますが、当院では麻酔免許を持つ院長により、より万全な無痛治療を心掛けているので心配ありません。

まず、麻酔注射時の痛みの対策として、ゼリー状またはテープ状の麻酔剤による予備麻酔を行います。
そのうえで、極力痛みを感じないよう配慮し、最も細い針を使用して麻酔注射を行います。 術中は麻酔の効果により、完全な無痛です。 さらに、治療後に痛むこともないよう、手術終了直前に術後麻酔を施し、3段階の万全な体制で痛みをコントロールしています。

またきれいな仕上がりと完璧な手術結果をお約束するために、当院では金属製のハンドメスを使っています。他院の中にはレーザーメスや電気メス、高周波メスなどを使うクリニックもありますが、レーザーは基本的に焼き切ることから周囲に包茎手術の傷跡が残ります。

また「クランプ法」を採用するクリニックもありますが、これは未熟な医師でも包茎手術を容易に出来るように開発された器具を使用する方法です。既成の型にはめて包皮を切除する方法で、亀頭の形状、大きさ、皮膚のあまり具合といった包茎の微妙な違いを無視し、どんな患者さんにもワンパターンの切開を加える傾向があります。また包皮を切りすぎてしまい、つっぱり感が残る危険性もあります。
クリニックにとっては効率的な手術ではありますが、患者さんへの配慮が無く、術後には不満が残るのは言うまでもありません。

Page Topへ