性病治療

淋病(りんびょう)

「淋病」の病原体は淋菌で、性交やオーラルセックスによって感染します。
まれに衣服や手指、お風呂からも感染する可能性があるので、特に菌を持った人とのタオルの共有は避けてください。

症状

男性:
尿道炎を引き起こし、尿道口が赤く腫れ、激しい排尿痛や黄色いベタベタした膿が出ます。
オーラルセックスにより口の中に感染した場合は咽頭炎などの症状が出ます。
放置しておくと尿道狭窄、前立腺炎、副睾丸炎、不妊症の原因にもなります。

女性:
外陰部のかゆみ、灼熱感と共に赤く腫れ、淋菌性外陰炎を起こします。
おりものに黄色または緑色の膿が混ざることもあります。
オーラルセックスにより口の中に感染した場合は咽頭炎などの症状が出ます。
母子感染(淋菌性結膜炎)の危険性もあるので妊婦は特に注意が必要です。
放置しておくと不妊症、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎の原因にもなります。

治療法

注射または内服薬で治療可能ですが、病気が長引くと慢性化し、原因となる菌類にも薬に対する抵抗力がつき、完治しにくくなります。
口中に感染している場合も投薬で治ります。
男性は当院で検査と治療を受けることができます。
女性の方も、当院までご相談下さい。

Page Topへ