男性強化法

亀頭増大術

貧弱ペニスがたくましく変身!「亀頭増大術」

ペニスをたくましく変身させる亀頭増大手術(きとうぞうだいしゅじゅつ)は亀頭のカリ増大を目的としています。薬剤を亀頭辺縁部(カリ)に注入することにより、亀頭外周にして15~25%サイズアップを可能にする方法です。
当院では日本で最初に「コラーゲン注入による亀頭増大治療」を始め、数多くの症例を経験してきました。現在では、数種類の注入剤が開発されていますが、厚生労働省未承認薬のバイオアルカミドによる失敗などのトラブルも有りますので、クリニック選びなど十分注意が必要になります。

コラーゲン もともと人体にも多く含まれているタンパク質の一種で、治療用に製剤されたものは1981年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で、87年には日本の旧厚生省で認可されています。
(日本では、注入剤としてはコラーゲンとヒアルロン酸のみ、承認が通っています。)
安全性は保証済みで、現在、美容整形で行われているシワ取り治療において、おもに使われている注入剤がコラーゲンやヒアルロン酸であることからもわかるように、コラーゲンは人体において安全な注入剤であるといえます。 同化吸収はありますが、当院ではコラーゲン剤の濃度、注入部位、注入深度などを微細に調整することで、高い効果が得られます。
※吸収後もゼロに戻るのではなく、通常50~70%は残留し効果は半永久的です。
ヒアルロン酸 コラーゲン同様、人体にも含まれている成分で、ムコ多糖といわれるものの一種です。水分を集めて大きくする特徴があり、柔らかい唇をふっくらさせる等には向いていますが、亀頭には向きません。また、吸収されやすいという特徴があります。
アクアミド 97.5%が水分で、2.5%が「ポリアクリルアミド」という、ソフトコンタクトレンズと同じ原料で構成されています。 ただし、安全性がまだ確立されていないため、当院ではおすすめしておりません。
貧弱ペニスがたくましく変身する「亀頭増大術」

セックスの際に重要な働きをするのが亀頭のカリの部分。ここを局所的に強化することは女性の喜びに直結します。また注入の方法によっては感度を鈍らせることも可能で、先細りで早漏気味の人にも対応した治療法です。

無痛治療

注入前にはテープ状の麻酔を施し、さらに極細の針を使用して麻酔を行い、痛みのコントロールを二段階で行います。

手術当日からシャワー可能

当院で行われる手術は、いずれも手術の当日からシャワーを浴びることができます。

亀頭増大術の料金について

料金についてはお電話でのご相談のうえ来院していただき、医師の入念なカウンセリングのもと、正確なアドバイスを受けてください。

クリニックによっては、亀頭増大の治療を受けたら100万円以上の料金を請求されてしまった……などということもあるそうですが、当院ではそのような料金がかかることは一切ありませんし、常識的にも考えられません。当院では、お電話でのお問合わせや治療前のカウンセリングにおいて、明確に料金をお伝えします。なお、料金は1mlあたり10万円(税別)で、一般的に亀頭辺縁部一周入れる場合2ml~4ml注入しますが、3ml前後入れる方が多いです。 注入量は0.5mlきざみでお選びいただけます。

「亀頭増大術」患者さんの年代別割合

「亀頭増大」患者さんの年代別割合患者さんの年代別割合

幅広い年代の患者さんが亀頭増大術を受けられていますが、この10年ほどでは、とくに50代や60代、さらには70代、80代といった高齢の方々が希望されるケースが増加しています。

亀頭増大の手術について

当院の亀頭増大の効果は、多くの患者様にご好評をいただいております。
亀頭増大手術(きとうぞうだいしゅじゅつ)を検討されている方は、一度、新宿形成外科までお問合せください。

亀頭増大の方法については、様々な媒体に取り上げられています。
サプリメントや食物の成分で、効果を出せるというような、信憑性の低い広告を目にすることがあります。
“亀頭増大サプリメント”などの医学的根拠の無いサプリも数多く出回っています。
「増大サプリを飲んで、2cm大きくなった!」など、体験談入りの、詐欺まがいの広告もあります。
このような根拠の無い情報が出回っている事には、専門医として遺憾の念を禁じ得ません。

亀頭増大手術は、確かな知識と技術力を持つ外科医が治療を行なえば、安全に美しく亀頭増大効果が得られる治療法です。
安心・信頼して治療を任せられる専門医を選ぶことが、最も重要なことです。

Page Topへ