性病治療

陰部ヘルペス

「陰部ヘルペス」はヘルペスウィルスによるもので、性交とオーラルセックスによって感染します。
口の周辺に発生するI 型と、陰部に発生する II 型があります。
保菌者が口中に感染している場合はキスなどの接触でも感染の恐れがあります。
また、感染しても潜伏したまま症状が出ず、体調の悪い時や抵抗力の落ちた時に症状が出ることがあるため、いつ感染したものかを判断するのは難しい性感染症です。

症状

男性:
包皮、陰茎亀頭および陰茎幹にかゆみや痛みを伴う小さな水泡ができます。
激痛を感じるケースも多くあります。
別種のヘルペスウイルスでは唇の周りにできる口唇ヘルペスや腹部に出来るものもあります 。

女性:
陰唇、陰核、会陰、膣そして子宮頚部にかゆみや痛みを伴う小さな水泡がたくさんできます。
排尿時、尿がしみて激痛を感じるケースも多くあります。
別種のヘルペスウイルスでは唇の周りにできる口唇ヘルペスや腹部に出来るものもあります。
母子感染の危険性があるので、妊婦は特に注意が必要です。

治療法

抗ヘルペスウィルス剤を服用します。しかし細菌感染と違って完治しにくく、身体の調子が悪い時などに再発することがあります。再発した場合は、その都度、薬を服用して症状を和らげます。
男性は当院で検査と治療を受けることができます。
女性の方も、当院までご相談下さい。

Page Topへ