包茎治療

包茎の種類

包茎には(1)真性包茎、 (2)かんとん型包茎、 (3)仮性包茎の3種類があります。
状態によっては早期の手術が望ましい場合があります。

真性包茎・かんとん型包茎・仮性包茎

  1. 真性包茎
    亀頭が完全に包皮に覆われていて、包皮口が亀頭の大きさよりも小さいために、亀頭が全く露出しないタイプです。
    亀頭と包皮の間を清潔に保つことが困難で、また、亀頭と包皮が癒着しているケースも有ります。性行為にも影響があるため、早期の手術が必要です。
  2. かんとん型包茎
    真性包茎と仮性包茎の中間的な症状で、包皮口に充分な広さがないために、ムリに亀頭を露出させると締め付けを起こし、元に戻らなくなる危険があります。最悪の場合には亀頭部分に血液が流れずに腐ってしまう(壊死する)こともあります。
    性行為にも影響があるため、早期に手術が必要です。
  3. 仮性包茎
    普段亀頭は包皮に覆われているが、比較的簡単に亀頭を露出させることができます。セックスにも支障がありません。仮性包茎には、横や斜めに引っ張りがあったり、かんとん型包茎に近いものなど見分け方が難しいのが特徴です。
    手術が必要なケースと不必要なケースがあります。

亀頭の露出具合に注目して分類をすれば、真性包茎は全く露出していない「不完全露出型」。 かんとん型包茎と仮性包茎は、一部分だけが顔をのぞかせている「部分露出型」。 男性にとって最も理想的なのは、亀頭が常に露出している「完全露出型」です。

Page Topへ