包茎・亀頭増大術・長茎術の新宿形成外科ブログ

長茎術をご検討の場合には入念に

2022/05/06 長茎

 「長茎術」とは、その名の通りペニスを長くする手術です。
ペニスの根元を小さく切開し、体内に埋もれた部分を引き出して再固定することで通常時のペニスの長さを長くします。
切開は2cm程で、傷跡も時間がたてば陰毛で隠れてしまう部分になるため、ほとんど目立たなくなります。
長茎術を受けると個人差はありますが2~5㎝程度、通常時のペニスを長くすることができます。
注意していただきたいのは、長くした分だけ勃起時にも長くなるわけではないということです。
当院でも切る長茎術を行っており、中には勃起時にも長くなるという方もいらっしゃいますが、こちらは実際に診察を行わないと判断ができません。
また、「切る長茎術」はペニスを体内に引きこむ力が強い方や、恰幅が良く、下腹部に脂肪が多くついている方などにも適用できます。
 
「切らない長茎術」という方法もありますが、これはペニスの根元に糸を掛けて、ペニスが長くなったように見せるプチ整形のような方法です。
固定している糸が切れてしまうと、すぐに元の長さに戻ってしまいます。
またクリニックによりますが「切る長茎術」と「切らない長茎術」を比較しても、費用が特段安いというわけではないようです。
効果が無くなったからといって「切らない長茎術」を数回受けただけで、「切る長茎術」の費用をすぐに上回ってしまうこともあります。
また、下腹部に脂肪が多くついている方などは、「切らない長茎術」では効果が少なかったり、固定している糸の持続力が長続きしないことがあります。

色々な理由で、多くの方が「長茎術」を希望されます。
当院ではカウンセリングから手術まで、一貫して院長自らが対応させていただきます。
他の病院では「どうせならペニスが大きいほうがいいでしょ」と言われて併せて別の手術を強引に勧められたりオプションを追加され費用が格段に上がるケースがあるようですが、当院では患者様の希望に沿って治療を行いますので、追加オプションなどは一切発生しませんのでご安心下さい。

電話での問い合わせも随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Page Topへ