包茎・亀頭増大術・長茎術の新宿形成外科ブログ

注入剤が同じでも治療法によって効果が変わる!

2022/04/02 亀頭増大

 当院では「亀頭増大」と「早漏治療」で同じコラーゲンを使用していますが、注入の方法が異なります。
「亀頭増大」では、亀頭の一番盛り上がっている「カリ」と呼ばれる部分に1周ぐるりとコラーゲンを注入していき、ペニスのボリューム感を増して見た目を良くします。
「早漏治療」は亀頭の表面に広い範囲でコラーゲンを薄く膜を張るように注入していき、亀頭の感度を鈍い方へと調整していきます。
同じ材料を使う場合でも、治療方法などで効果が変わってきます。
コラーゲン注入の主なメリットとデメリットについて、簡単にご説明します。

亀頭増大の治療では次のようなメリットが得られます。
◆見た目の変化
コラーゲンを注入することで亀頭は、通常時の見た目にボリューム感が生まれます。
亀頭が大きくなることで、ペニス全体に迫力が出る為、大きくなったペニスに自信が持てるようになります。

◆性行為時の刺激アップ
コラーゲンは素材自体に適度な硬さがあります。
コラーゲン注入後の亀頭辺縁部(カリ)は、張りと硬さが得られるようになります。
亀頭に張りと硬さを得る事によって、性行為時に女性へ今までよりも強い刺激を与えることができたり、互いの密着度が高まることで満足度も上がります。

早漏治療には次のようなメリットがあります。
◆性行為時の持続力アップ
コラーゲンを亀頭部分に膜を張るように注入することにより性交時の刺激を調整し、射精までの時間の延長を図ります。

デメリットとしては、コラーゲンは注入後1~3年で少し減少するので、希望する方は再注入が必要な場合があります。

コラーゲン注入による「亀頭増大」や「早漏」の治療の際には、どのようなお悩みを解決したいのかを良く相談いただければ、より的確なアドバイスが可能です。 
お電話でのお問合せも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

Page Topへ