包茎・亀頭増大術・長茎術の新宿形成外科ブログ

退職し年金生活で認知機能が急激に低下?

2019/11/22 未分類

少子高齢化が進み、従業員の定年引き上げが進んでおり日本政府は65歳定年制を超えた「70歳定年制」も視野に入れていることが報じられています。
定年退職した後は国民年金や企業年金を受給しながら生活を送るのが一般的ですが、仕事を辞めて年金生活に入ると認知機能が急激に低下してしまうことが懸念されています。

中国でも平均寿命が過去数十年で着実に伸びており、出生率も低下していることから、中国社会は少子高齢化が急速に進んでいると指摘されています。
ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研究チームは、早期退職と年金給付が60歳以上の成人の認知能力に与える影響を調査するため、
中国の新しい農村年金制度とそれによって増加する高齢層の退職についての縦断調査を分析しました。

研究チームによると、仕事を引退して年金給付を受けている人は、60歳を超えても仕事を続けている人よりも急速に認知能力が衰退する傾向が見られました。
また、男性よりも早期に退職する傾向のある女性にも急激な認知能力の衰退がみられたと報告しています。
結果として「精神活動の減少が認知機能の低下を加速させる」という仮説を、研究チームは支持しています。

他にも、経済学者のプラメン・ニコロフ准教授は「年金受給を受けている地域の住民は、受けていない地域の住民よりも認知機能がかなり低下していました」と報告し、
「年金受給が実施されてから10年間で、住民の記憶力や認知能力は標準偏差のおよそ5分の1も低下しました」と主張されました。
また、ニコロフ准教授は退職することで睡眠や栄養状態が向上することは認めながらも、
「高齢者の認知については、社会的関与に対するマイナスの影響が、栄養や睡眠の向上によるプラスの影響よりもはるかに大きいように思われます」
「社会的関与は、老年期の認知能力にとって最も重要なものの1つかもしれません」と述べています。

以上の研究結果などを踏まえると、急激な認知機能低下を防ぐのに重要なのは「何か行動をおこす」「何かに対して考える」ということだと思われます。
人によって方法は異なると思いますが、例としては「今までやったことに無いことにチャレンジをしてみる」事が挙げられます。
新しい事に挑戦するという事は、事前にその物事について調べることで考えたり、実際に行う事で、身体を動かすことに繋がります。
どんな些細なことでも良いので、思考し続ける事、身体を適度に動かすことが大切なのではないでしょうか。

関連リンク

Page Topへ